ドサイドン 育成。 【ポケモンGO】ドサイドンのおすすめ技と最大CP&弱点

【ポケモン剣盾】ドサイドンの育成論!努力値と対策、おすすめの技とは?|ポケモニット

ドサイドン 育成

ドサイドンの特徴 種族値・タイプ・特性 種族値 HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ 115 140 130 55 55 40 タイプ タイプ1 タイプ2 いわ じめん 特性 ひらいしん 電気技を無効化し、特攻1段階上昇。 電気技の対象が自分になる ハードロック 弱点タイプの技のダメージを4分の3にする すてみ(夢特性) 反動技の威力が1. 2倍になる 長所・短所 まず HP・攻撃・防御の種族値が軒並み110以上という、 並外れた物理性能の高さが目を引くポケモンです。 物理アタッカーとしてはとびきりの逸材であり、特に 攻撃は 伝説を除けばトップクラスの高さを誇ります。 高威力の物理技も多数覚えるので、ドサイドンで 火力に困る事はまずありません。 さらにHPと防御の高さに加えて特性の ハードロックによる弱点ダメージの軽減もあって、 物理方面に関しては無類の強さを誇ります。 ですが、それに反して 特殊方面は壊滅的に低く、 素早さもかなりの鈍足なので基本的に先手は取れないでしょう。 特に特防は大きなネックになっており、ハードロック込みでも 特殊アタッカーをぶつけられたらあっさり倒されかねないという弱点も。 出すべき相手を見極めて使うか、何らかの方法で特殊対策をしっかりとしておくのが重要になります。 ちなみに もろはのずつきを覚えないせいで夢特性が使い物にならない状態ですが、シングルだと基本的にハードロックを使うので問題ありません。 育成論 とつげきチョッキ型 努力値 HP:220(実数値218) 攻撃:100(実数値190) 防御:140(実数値168) 特防:44(実数値81) 技構成 解説 とつげきチョッキで耐久を上げ、戦える相手を増やした型です。 XYの時代から使われている型で、 とつげきチョッキを持たせることで弱点である 特殊耐久の低さをカバーします。 特性が ハードロック前提ではありますが、このおかげで 補正ありで特化された弱点タイプ相手でも不一致だったり4倍弱点じゃなければ一発は耐えられます。 物理なら ドリュウズのじしんや ヒヒダルマのつららおとしにも耐えますし、特殊なら シャンデラのエナジーボールや ルカリオのきあいだまだって耐えきれました。 こうすることで長時間場に残る事ができ、 より多くの相手に高威力の物理技で負担をかけることが可能となります。 また、耐久を重視して努力値を振ったので一見攻撃面が弱く思えるかもしれません。 ですが、それでも 種族値120のポケモンに攻撃特化の努力値振りをしたのと同じだけの攻撃力はあります。 物理アタッカーとしては十分な数値なので、これで問題はありません。 次に技構成ですが、まず タイプ一致の技2つだけでかなりの攻撃範囲になるので、そのうえで安定した性能の じしんと ストーンエッジは確定。 後はこの2つで弱点を突けないタイプ対策のサブウェポンと、カビゴンなどの突破困難な相手への対策として一撃技を入れましょう。 この構成の場合は一撃技が つのドリル、サブウェポンはエスパー・悪対策の メガホーンを採用しています。 実演してみた では、このドサイドンが実際に戦っているシーンを見てみましょう。 今回はこちらの方との対戦を使います。 …え、 サーナイトの時のパーティと同じ?これが今の管理人のメインパーティです。 近いうちにカポエラーとフシギバナのもやるのでお楽しみに。 対戦よろしくお願いします。 GBA時代からどんどん強化されていった結果がこちらです。 お相手の初手はヒートロトム。 この後当然交代されましたが… 交代先として出て来たのは、受け側としての仮想敵のドリュウズ。 解説で書いた通り、 じしんが飛んできても一撃までなら耐えられます。 そして耐えてからこちらもじしんを撃てば ドリュウズは確1。 現環境トップメタの一角であるドリュウズをたやすく返り討ちにできる高性能なポケモンです。 まとめ 極端に高い物理性能で押し潰すポケモン、ドサイドンの育成論でした。 GBA時代にサイドンのまま強くなり、DSで進化して、 世代を重ねるごとにさらに強くなっていったドサイドン。 物理要員としては非常に強力なので、使ってみるのをオススメします。 管理人、八卦がお送りしました。 ではまた次回もよろしくお願いします。

次の

【ポケモン剣盾】ドサイドンの育成論と対策|おすすめ性格【ソードシールド】|ゲームエイト

ドサイドン 育成

全国 No. 4 m 重さ : 282. 隠れ特性 夢特性 すてみ 反動を受けるわざや外すとダメージを受けるわざの威力が1. 2倍になる。 ドサイドンのさらに詳細なデータはを参照 覚える技・入手方法等の詳細なデータを確認できます。 ドサイドンの特徴 【良いところ】• 攻撃種族値が140ととても高く、相手に大きな負担をかけることができます。 持ち物は、高い攻撃をさらに生かせる「こだわりハチマキ」がオススメです。 タイプ一致の「じしん」「ストーンエッジ」が強力であり、「じしん」は命中も安定です。 「じしん」読みで飛行タイプや特性「ふゆう」が出てくることがあるので、バトル序盤では「ストーンエッジ」を撃ち、相手を確認してから「じしん」を撃ちましょう。 HPが高いです。 特に物理耐久は素でも高く、特性「ハードロック」と合わせてタイプ一致の「インファイト」「じしん」さえも耐えることができます。 特殊耐久は特防に努力値を振って補うのがメジャーです。 サブウェポン「メガホーン」を習得できます。 「じしん」に耐性のある草タイプのほか、物理受けヤドランやクレセリアに効果抜群です。 地面タイプなので、サンダースやライコウの「10まんボルト」に対し無償降臨することができます。 特にみがわりバトンサンダースの「みがわり」を「ロックブラスト」で壊し、本体にダメージを与えることができます。 電気タイプに交代出しする時は相手の「めざめるパワー草」で4倍弱点を突かれることがコワイですが、ラグラージ・ドサイドンほぼピンポイントにしか撃たない技のため所持率は高くありません。 「めざめるパワー氷」の方がメジャーです。 ノーマル技に耐性を持つため、カビゴンの「おんがえし」、ピクシーの「からげんき」読みで交代出しすることができます。 またノーマル技は使ってきませんが、ハピナスの「でんじは」「かみなり」読みで出すこともできます。 交代際にハピナスに「みがわり」を張られても、連続技「ロックブラスト」で壊して本体への攻撃ができます。 岩技に耐性を持ちます。 相手ドサイドンやバンギラスの「ストーンエッジ」読みで交代出しすることができます。 相手が「こだわりハチマキ」持ちの時は、技が「ストーンエッジ」に縛られているため同ポケ対決でも有利になることができます。 しかし耐久無振りドサイドンでは、バンギラス@こだわりハチマキの「かみくだく」は受け切れないため読み間違うと死亡することも・・・• 上記のように、得意な相手に交代出ししやすいポケモンです。 ドサイドン単体でも耐性を利用して出していけますが、「ねがいごと」サポートでドサイドンの交代際のダメージを回復してあげるとベターです。 交代際にダメージを受けてしまっても回復することができます。 【悪いところ】• 素早さが遅く、弱点が多いため対策はしやすいポケモンです。 相手のパーティ全員がドサイドンの弱点を突ける技を持っていることも珍しくありません。 先制で弱点を突かれてしまうため、相手のパーティ次第では全く活躍できないポケモンです。 ドサイドンを使うなら6匹見せ合い3on3のルールがオススメと言われる理由です。 素早さが遅いため、相手と撃ち合うことが苦手です。 サンダースやカビゴンなど得意な相手に出し、相手の交代際に技を1発だけ撃って逃げる撃ち逃げ戦法を基本とすることになります。 「こだわりハチマキ」は撃ち逃げ戦法と相性のよいアイテムです。 素早さが遅いため、交代でスイクンなど水ポケモンが出てくると引かざるをえません。 相手にダメージを与えるチャンスは交代際のみとなります。 ドサイドンの攻撃のダメージを押さえて受け切ることはほぼムリですが、コチラのメインは地面技か岩技の2択となるため、相手の読み次第では受けられてしまいます。 「じしん」読みで出されるのが、地面技無効のギャラドス・「ふゆう」ドータクン・ラティオスなど。 地面技に耐性のあるヘラクロスも強引に来ることがありますが、相手に大ダメージが入るためよしとしましょう。 「ストーンエッジ」読みで出されるのが、岩技に耐性のあるラグラージやカバルドンなどです。 撃ち逃げのため1回しか攻撃できないと考え、できれば交代読みをキメたいものです。 読みが外れて半減されても相手に大ダメージである点はとても評価できますが・・ ドサイドンの型 特性 : ハードロック 性格 : いじっぱり 努力値: 攻撃252、特防252、素早さ6 or 攻撃252、素早さ調整、残り特防 持ち物: こだわりハチマキ メイン: じしん、ストーンエッジ、ロックブラスト サブ技: メガホーン、れいとうパンチ 補助技: なし 素早さが遅く弱点も多いドサイドンは、撃ち合いに弱いです。 有利な相手に交代出しして撃ち逃げします。 基本的に1発しか技を撃たないので持ち物は「こだわりハチマキ」で。 性格・努力値について。 いじっぱりの攻撃特化とします。 素早さは調整もアリです。 レジアイスなどが属する4振り50族抜きまでなら調整してもOK。 あまりたくさん素早さに割くと特殊耐久が落ちてしまい、電気タイプの「めざめるパワー」が辛くなります。 持ち物について。 撃ち逃げ戦法と相性の良い「こだわりハチマキ」です。 技について。 「じしん」「ストーンエッジ」「メガホーン」「ロックブラストorれいとうパンチ」という技構成とします。 「じしん」は威力100、命中100の安定メインウェポンです。 「ストーンエッジ」と同じ威力ですが、命中率の関係からコチラを主力としたいところ。 「ストーンエッジ」は威力100、命中80のメインウェポンその2です。 命中が不安なものの、「じしん」と違い飛行タイプや「ふゆう」により無効化されません。 交代先の相手を確認するまでは、コチラを撃っておいた方が安全な場合も多いです。 気分的にメインとなる技です。 「メガホーン」は、草タイプと物理受けヤドラン・クレセリアに対し効果抜群となります。 「こだわりハチマキ」込みでHP振りモジャンボが中高乱数1、防御特化ヤドラン、クレセリアが確2となります。 残りの技は「ロックブラスト」「れいとうパンチ」の2択となります。 「ロックブラスト」は連続攻撃のため、サンダース・ハピナスなどの「みがわり」を壊し、本体にダメージを与えることができます。 「みがわり」を多用する電気タイプに対し交代出しするドサイドンにはオススメの技です。 「れいとうパンチ」はグライオンに交代読みで使えるほか、ガブリアスの4倍弱点をつくこともできます。 いずれにせよ交代読みで撃つため使いにくく、本来「ロックブラスト」が優先されます。 しかしパーティでこれらのポケモンに対処しにくい場合は入れてもOKです。 8~55. 1~46. 3~26.

次の

ドサイドン

ドサイドン 育成

・ムーン SM 環境でのの育成論・調整の記事を探し回ったが、見当たらなかったので自分で考えることにする。 今の環境は岩タイプ・岩技が非常に刺さりやすいと感じていて、 あれ?先生、環境にぶっ刺さりじゃね? となったのが事の始まり。 【拘り鉢巻型】【半分回復木の実型】 【弱点保険型】の3つの型の調整を考察した。 話を少しずらす。 は各所で『先生』と呼ばれる。 理由は、のバトルタワーで「せんせいのつめ」持ち、つのドリルがBP狩りに来た多くのトレーナーを泣かせたことで「先生」という敬称が付いたからである。 H115 A140 B130 C55 D55 S40 …カッケェ… ドサイ先生は見た目、タイプからは全く想像できない程器用な方であらせられるのでKP上位の 、、 、コケコ、、 、、、 、、、 、、 、、 、サンダー、、 、、 この辺りに対して、持ち物や技次第で 対面から勝てる。 又は役割が持てる。 有利対面から相手の裏に圧力をかけていく動きが多くなるドサイ先生にとって、上記の様に有利対面な相手が多いSM環境は良い感じ。 特性 ハードロック一択。 ドサイ先生がドサイ先生たる所以。 この特性のが様々な攻撃を 確3にしてくれる。 また、ロックカットを採用することによって、かなりの抜き性能を得ることができる。 凄まじい火力が手に入る。 有利対面から相手に圧力をかけていく形になる。 の皮を破りながらの突破という芸当もできるようになる。 確1範囲も広がるだろう。 少し足りない火力を補ってくれ、Aを削り、耐久に割くことを許してくれる。 また、ロックカットを採用することでそれなりの抜き性能が手に入る。 技考察 ・ロックブラスト…、ケ、襷 ・…安定する岩技? ・…浪漫砲。 ・じしん…絶対に必要。 ・ばかぢから…範囲が被る。 必要無い。 ・ほのおのパンチ…、ナットが役割対象に ・れいとうパンチ…マンダ、ガブに打ちたい ・つのドリル…役割を破壊する! ・…Z技絡めて強引な突破! ・ロックカット…弱点保険絡めて全抜き! ・…ドサイでやることかなぁ? 流石、先生…他にも…… 、アクアテール、 どくづき、、 ロケットずつき、カウンター、メタルバースト 【 技に関しての結論】 自分は以下の結論に至った。 受けに出て来る炎4倍勢が役割対象になる為、ほのおのパンチ採用。 ガブ、マンダに対しての遂行の為にれいとうパンチを採用。 意地っ張りにしても確定数がずれるものは少なく、メリットは少ないと判断した。 リザXの逆鱗2耐え、のアイへ2耐え、ダの1舞 特化ランドの 2耐え。 圧倒的物理耐久! 被ダメ(弱点技は全てハードロック込み) ・特化ダの+ 割合: 29. 7% ・A特化メガリザXの逆鱗 割合: 42. 結果的に役割範囲も広がった。 A無振りでもA実値160ある為十分だった。 圧倒的物理耐久! 被ダメ ・A特化- 割合: 27. 【まとめ】 環境トップの連中に対して非常に強く出られる。 が、レヒレやアシレ等の水特殊に対して解答を用意しておく必要がある。 ・サイクルに参加しての負荷かけ。 ・物理に対しての強引な受け出し。 ・トリル、舞からの抜き。

次の